スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

というわけで津山城

津山で3時間近く乗り換え待ちだったわけだが、ちょうど桜祭りのシーズンだったので、津山城址の桜を見ながら時間調整
100407N.jpg

100407O.jpg

桜と石垣と菜の花とは、なんと贅沢なw
100407M.jpg


100407L.jpg
この石だけど、築城の時に石垣のために切り出した石が大谷に放置されていたらしい。
それを400年記念事業の時に、当時のままの方法で修羅にのせて石曳をして現場に届けられたとのこと。
ちょっといい話ですね。

本丸亡き今、建物は再建された備中櫓しかないわけだが、ぱっと見た感じきれいすぎて違和感があった。
100407J.jpg

でも、中はすごい豪華で新築の家のようで、ふすまとかの金物も鶴丸(JALマークじゃないよ)の紋が掘ってあり、細かい彫金がしてある。この金色のアミダくじみたいな模様も、箔を押してあるんじゃないだろうか。
100407G.jpg

釘かくしだってこの通り。
100407H.jpg

階段の扉にしても一枚板を使っている。
100407I.jpg
幅も現代の民家の階段並となっている(城の階段って狭くて急なイメージがある)。

受付の人にきいたら、残っていた図面や菩提寺の装飾の様式をもとに極力往時の再現をしたとのこと(そうしないと文化庁の許可がおりないらしい)。
正直感動した。痛みに耐えてよくがんばった。

100407K.jpg
桜まつりのイベントで、温泉水をローリー寺西に積んで足湯体験を実演していた。
せっかくだから、俺はこの銀のタンクローリーを選ぶぜっ!
親切だったし、あったまって疲れがとれてこの日は2万千歩以上あるいた。
というわけで奥津温泉花美人の里をよろしくね~(こっそり宣伝しておく(笑))

そんなわけで3時間待ちも苦にならなかった。
たまたま津山駅で待ち時間発生してよかった。何もない駅でまたされたらたまらないものね。
スポンサーサイト

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

全自動耕運機

Author:全自動耕運機
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。